FC2ブログ

記事一覧

危険物甲種と乙種全類の違い(メリット及び難易度)

技術系資格の登竜門  危険物取扱者
有名ですね(・∀・)

乙4で4割前後の合格率
難易度はそれ程高くないので、しっかりやれば受かります

「甲種危険物と乙種全類と違うの?」と
聞かれることがあります。

やはり微妙に違います。
正直メリットに関しては、殆ど差がありません(・・;)

20170812224634dad.png

↑この4の甲種危険物+危険物保安監督者で
甲種防火管理者、甲種防災管理者として認められる者
があります。

実は私、20代で会社の保安監督者に選任されたので
(優秀なわけではなく押し付け)

消防署に問い合わせました。

そしたら、その制度は
会社の防火管理者として任命することが出来るだけで
修了証等はないとのこと
甲種危険物と保安監督者選任されてるからといって
防火管理者の知識があるわけでないので
防火管理者の仕事に就くには講習を受講してからが
望ましいと言われました(・・;)

何この中途半端な制度・・・
やめれば???

昔は甲種危険物で技術士1次試験の1部免除
あったのですが制度変更により廃止になりました←おい

あと保安監督者に選任の際
乙種だと持ってる類のみですが、甲種だと全ての類の
保安監督者になれます

例えば乙種全類持ってる人が
4類の危険物で実務経験半年以上積んでも
4類の保安監督者にしかなれません 

2類の保安監督者になろうとしたら
2類でも実務経験半年以上必要です

甲種所持者だと
4類で半年以上実務経験経験、積めば
他の類は実務経験なしで保安監督者になれます

・・・4類以外の危険物取扱ってる企業
少ないですよね(・.・;)
私の会社も4類のみです


難易度については人それぞれですが
化学の分野が跳ね上がります


化学出来る人なら、法令と性質をひたすら
覚えるだけです

私は中学の理科から、やり直したので
時間かかりましたwww
工藤本と協会の例題集をひたすらやりました

実質メリットは少ない(ほぼ無い)ですが
上級資格の架け橋となります。
 
受験資格ある方は挑戦してみて下さい!


スポンサーサイト

コメント

開設おめでとうございます

やはり、めちゃくちゃためになるブログでございました。
まったりとでいいので続けて下さい。
お願いします。

Re: 開設おめでとうございます

>電験寺さん
コメント1番乗り、ありがとうございます(・∀・)
為になると言っていただたき嬉しいです。

写真載せようとしても、容量が大きすぎです
となって貼れなかったり色々、文字の大きさ
変えたはずなのに変わってなかったり・・・

四苦八苦してますwww

すき間時間みつけては、ブログの完成度も
高めていければと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

これからも、見てやってくださいm(__)m


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りゅう

Author:りゅう
りゅうのFC2ブログへようこそ!

石川県金沢市で某メーカーで機械保全しています

1流の技術者目指して日々奮闘中(・∀・)
 
ここでは技術系の資格取得についてまとめて
いきたいと思います

りゅうの取得済の資格

機械保全技能士(機械保全作業)1級 2級

機械保全技能士(設備診断作業)1級 2級

甲種危険物取扱者

乙種危険物取扱者1〜6類

消防設備士甲種1類

消防設備士甲種4類

消防設備士乙種6類

消防設備士乙種7類

電気工事士2種

ボイラー技士2級

自主保全士1級 2級

技能講習系

フォークリフト

玉掛

ガス溶接


特別教育

クレーン(5t未満)

アーク溶接

小型車両系建設機械

低圧電気取扱

有機溶剤作業主任者

砥石取替

訪問してくれたかたの数

フリーエリア